バスト(グラビアアイドルなんかすごいですよね)にしこりを発見したら、即乳がんと考えるべきなんでしょうか? 乳房にしこりを発見したからといって、必ずしも乳がんとは限りません。 実は、乳房にしこりが出来る病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)は、他にもあるのです。 例えば、乳腺症や線維腺腫、乳管内乳頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)腫などの病気があり、特に治療が要らないケースも少なくないのです。 しこりが発見された女性のほとんどは、乳がんではないといわれているのです。 しこりが発見された方の80〜90%くらいは、乳がんではなく別の病気だというのですから、むしろ驚きなのですね。 中でも一番多いとされているのは乳腺症で、つまりは良性の腫瘍ということのようです。 そして、この場合には、自然治癒してしまったりすることもあります。 また、乳がんと間違えやすいと言われているのが、やっぱり良性腫瘍の線維腺腫という病気で、これは比較的若い女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)に多く見られるかも知れません。 少し大きく成長した腫瘍であれば、触診によって良性か悪性かがある程度判断できるケースもあります。 良性の場合は少し柔らかい感じのしこりで、押すと逃げるように動くことが多いのに対して、悪性であれねとても硬くて、押しても動かないなどの違いがあるためです。 ただ、素人判断は危険なので、必ず経験豊富な専門医の診断を受けるようにしてくださいー